ふくしま地域活動サポートセンター

福島県・復興へ向けた多様な主体との恊働推進事業「NPO法人等基礎的能力強化事業」(内閣府「NPO等の運営力強化を通じた復興支援事業交付金」)

Pick Up NPO

「被災者のためのライフスタイルデザイン支援事業」の紹介

昨年IORI倶楽部では、東日本大震災による被災された方達が、少しでも良い環境で避難生活を送れるように「木造仮設住宅の建設プロジェクト」に取り組みました。入居された避難者の方達と話をする中で、恒久的な生活を取り戻していくためには、長期化する避難生活を息の長い活動でサポートしながら、それぞれの方達の将来展望を見出す(ライフスタイルのデザイン)ためのお手伝いが必要だと感じました。  福島県内における避難されている方達の状況は、非常に複雑になっており、画一的な支援体制では救いきれない部分が多々あるため、個々への対応が出来る限り可能な仕組みづくりを行うことが肝要と考え、当初はライフスタイルデザインのサポートスタッフが常駐し、ワンストップで様々な対応が可能な、相談のための拠点構築を三島町と喜多方市で試みました。

IORI倶楽部

しかし実際に避難されている方々とのコミュニケーションを取っている内に、本当に必要なのは「拠点」ではなく、本音を語れるような「機会」の創出であると気づき、若干の軌道修正を図りました。
 避難されている方々の中には、仮の生活の中でも何か「表現」(著作や語りの活動等)をしたり、「ものづくり」を行っている方がいらっしゃいます。そのような方々に講師になっていただき、ミニ講座のようなものを数多く開催する試みを行っています。地域の方達との交流の良い機会にもなります

特に会話をしながら、手や体を動かすような「ものづくり系」の講座の方がコミュニケーションが活発になるようです。
 今後は「手しごと交流会」ということで、コミュニケーションをとる機会を増やしながら、避難されている方たちにとって「将来展望を切り開くために本当に必要なことは何か」を共に考えるステップへと移って行く予定です。

◆2012年10月25日発行ニュースレターより◆

 活動内容
※2013年7月19日より
一般社団法人IORI倶楽部として
活動中(2014年7月現在)
 住所
〒969-7406 福島県大沼郡三島町

 Back Number

  平成29年度    Pick up NPOの一覧へ