ふくしま地域活動サポートセンター

福島県・復興へ向けた多様な主体との恊働推進事業「NPO法人等基礎的能力強化事業」(内閣府「NPO等の運営力強化を通じた復興支援事業交付金」)

Pick Up NPO

福島の子どもたちへ、外遊びサポート!

東日本大震災による原発事故の影響が心配で、十分な外遊びが出来ずにいる県内の幼児や小学生を対象に支援をしています。保育園や幼児・学童施設にバスを出し、安心して遊べる地域で一日思いっきり体を動かし、楽しんでもらおうという活動で、毎回プレイリーダーがついて安全を確保し、サポートしています。5月にスタートした猪苗代町・緑の村に設置の「わくわくプレイパーク」ではターザンロープやゆらゆらネットなどの遊具で子どもたちは活発に遊んでいます。スタート以来、3,000人を超える子どもたちが遊びに来てくれました。幼児期に大切な自然体験を目的とした幼児教育の一環である「森のようちえん」では野原や森で自由に遊び、葉っぱや木の実での工作など、子どもの豊かな人間性と「生きるチカラ」を育みます。

特定非営利活動法人
こどもの森ネットワーク(猪苗代町)

理事長の橋口直幸さんは今後の活動や目標について「冒険広場(プレイパーク)を緑の村(5月~11月)の他、通年で須賀川市や郡山市、福島市などを新たに開拓し、より多くの運営回数を目指しています。その要となるプレイリーダーの養成も続けます。また『森のようちえん』の取り組みのための環境整備も含め活動をしていきます。子どもにとって外遊びは、震災対応としてだけでなく、全ての子どもにとって不可欠です。

福島県の子どもに必要とされる外遊びを、よりよい形でサポートできるよう、その専門NPOとしてこれからも仲間や賛同者を増やして邁進します」と話します。活動をとおして、子どもたちが元気になる環境が増えることを期待しています。
◆2015年1月16日発行ニュースレターより◆

 活動内容
福島県民に対して、地域の森林および里地里山を子どもの健全育成および森林環境教育のために保全・活用する事業を行い、福島県の子どもの豊かな人間形成と森林環境教育の普及に寄与することを目的としています。(平成21年7月15日認証)
 活動分野
・幼児の豊かな人間形成のための自然体験活動の実践
・小学生を中心とする子どものための森林環境教育の実践
・森林環境教育のプログラム立案と講師派遣
・幼児教育および森林環境教育の指導者育成
・実践の場となる森林および里地里山の保全活動
・子どものための自然体験活動の効果の調査・研究
・幼児教育および森林環境教育にたずさわる人材・団体・組織の連携の支援
・森林および里地里山を活用したエコツーリズムおよびグリーンツーリズムの実践
・幼児実践または森林環境教育施設の運営の受託事業
・その他目的を達成するために必要な事業
 住所
〒969-3283
福島県耶麻郡猪苗代町大字長田字東中丸3449番地31
 連絡先

TEL: 0242-72-1181

FAX :0242-72-1182

 Back Number

  平成29年度    Pick up NPOの一覧へ