ふくしま地域活動サポートセンター

福島県・復興へ向けた多様な主体との恊働推進事業「NPO法人等基礎的能力強化事業」(内閣府「NPO等の運営力強化を通じた復興支援事業交付金」)

Pick Up NPO

地域交流館ボタン 松明太鼓がとどろき、勇壮な炎が燃え盛る日本三大火祭りの松明あかし。重さ3トンもの巨大な大松明が練り歩く、須賀川市中心通り“松明通り”に市民の憩いの場「地域交流館ボタン」があります。 震度6強の激しい揺れがおそった東日本大震災で大きな被害を受けた市総合福祉センターに代わり、市民が交流する拠点を整備したいとの思いから、昨年9月にオープンしております。 多様な地元団体との連携・協働事業 同館を運営している「すかがわ地域交流促進プロジェクト実行委員会」は、商工会議所青年部が中心となって、市の教育委員会や女性会、ボーイスカウト・ガールスカウト、明るいまちづくりの会など、多様な地元団体が連携してできた協議体です。 須賀川市は「市民との協働」によるまちづくりを目指しております。今回の交流促進プロジェクトを通じて、各団体それぞれが連携・きずなを深めることで、地域課題を解決する取り組みが期待されます。

「すかがわ地域交流促進プロジェクト」事業紹介

寺子屋・イベント企画
やや低いテーブルには、なつかしの駄菓子がいっぱいに並べられています。子どもたちが安心して買い物体験でき、昔遊びなどもできる寺子屋です。館内には、市民が気軽に利用できるテーブルも用意されています。
今年9月には、地元の若手農業者との交流会を開催し、農業の情報発信を行っております。特に地元特産のきゅうりを使ったアイディア料理には注目を集めました。さらには来年に向けて「JAXAによる宇宙教室」や「アクアマリンふくしまの出張教室inすかがわ」など、多くのイベントが予定されています。子どもから高齢者まで幅広い方が楽しめそうです。

“ボタン”の意味とは?
同館の名称にもなっている「ボタン」は、市花になっている豊麗な大輪の牡丹をイメージして名付けられております。さらに、震災から復興・再生へと向かう「スタートボタン」の意味も込められているそうです。
平成28年度に「市民交流センター」(仮称)が完成予定です。是非、「地域交流館ボタン」での交流の成果をつなげることが期待されます。

◆2014年1月20日発行ニュースレターより◆

 住所
(地域交流ボタン)〒962-0845 須賀川市中町17-8
 連絡先

地域交流館ボタンに関するお問合せは、須賀川商工会議所青年部事務局までお願いします。
TEL: 0248-76-2124(定休日:火曜日と水曜日)

 Back Number

  平成27年度    Pick up NPOの一覧へ